薬剤師になって良かったことと悪かったこととは?



薬剤師になって良かったこととは?


薬剤師になって良かったこと、それは「仕事」に困らないところでしょう。薬剤師の資格は取得しておけば、いつでも医薬品に関するところで働くことができます。薬剤師は飽和の道を進んでいると言っても、現時点ではまだまだ人手不足なところがほとんどです。その点を考えると、就職のしやすさは他の業種を抜いていると言っても過言ではありません。

他にも自分が薬を必要とした時に、成分などをしっかり見て選ぶことができるのもメリットです。薬学の知識がない人は薬剤師やドラッグストアのスタッフに聞かなければわからないことも、自分の知識で自分に合う薬を選ぶことができるのは良い点ではないでしょうか。

薬の知識は終わりがありません。常に新しい情報をインプットしなければならないため、薬剤師は自己管理をしやすい業種だと言われています。薬に関する副作用についても学ぶので、自分に合わない薬はすぐに服用をやめられます。薬に関する知識はさまざまな面で役に立つので、そういった意味では「良かったこと」に関する際限がないと言ってもいいかもしれません。

資格を取得するまでが長い道のりである分、取得した後のメリットも長期的に得られるものであることがわかります。