薬剤師になって良かったことと悪かったこととは?



薬剤師は長く続けられる仕事なのか?


薬剤師は基本的に長く続けられる仕事です。ただ、良い点ばかりではなく悪い点もあるので、それを乗り越えられた人のみという限定的なものでしょう。ただ、資格だけを取得しておくことで将来的にさまざまな職場で仕事復帰をすることができるのは最大のメリットでしょう。手に職という意味では、最高の資格ではないかと思われます。

薬剤師は薬局や病院だけではなく、製薬会社、ドラッグストアなどで働くことも可能です。ドラッグストアは薬剤師がいないと販売できない薬を扱っているところもあるので、引く手あまたでしょう。ただし、薬学は常に進歩しています。そのため、薬剤師としてのブランクが長ければ古い知識のままで働くことになるので少々大変かもしれません。

薬剤師として働かない期間であっても、なるべく勉強を怠らないようにしましょう。常にインプットをしておくことでブランクがあっても即戦力として活躍することができます。即戦力になるかどうかで給与面も大きく変わってくるので注意しましょう。薬剤師の中にはブランクが長すぎて、知識が古いままでなかなか新しい職場に馴染めないというケースもあります。そうならないために、常に薬の知識への探求心を怠らないようにしましょう。